無農薬野菜 栽培

品種別野菜づくり

かぼちゃ

10 11 12
タネ撒き
 定 植
 収 穫

最近は西洋カボチャが全盛で、在来種の日本カボチャはあまり見られなくなっている。日本カボチャは水気が多く、西洋カボチャは粉質。ほくほくして甘味が強い西洋カボチャのほうが圧倒的に栽培されている。

苗を育てて定植

直撒きでも移植栽培できるが、3月下旬に、大きめのポットにタネを2粒づつ撒いて、ハウスの中で苗を育てる。双葉が出たら1本間引く。本葉が5~6枚になった苗を、堆肥を鋤き込んだ畑に2mの株間で定植。そして畝全体にコンポストマルチをする。定植時期は4月下旬から5月下旬にかけて。 カボチャは根元が冠水するが、コンポストマルチをしているのでその必要はない。


かぼちゃ栽培のポイント
 移植栽培
 <育苗>
 タネ撒き  1ポットに2粒
 間引き  双葉が展開したら1ポットに一本に
 定植適期の苗  本葉5~6枚
 <定植>
 畑の準備  10㌃に3㌧の完熟堆肥を鋤きこむ
 畝幅  2.4m、平畝
 株間  2m、1条
 直撒き栽培
 タネ撒き  1ヶ所4~5粒
 間引き  本葉2~3枚で一本
カボチャ育苗

①ポットに育苗して定植

カボチャ雄花

②雄花が咲く

かぼちゃ放任栽培

③自家用なので、子曼の整枝もせず、放任栽培

カボチャ実

④実がつく

カボチャ収穫

⑤果硬部がコルク状になったら収穫

当サイトについて

当サイト内の文章・画像の著作権は当方あるいは作者に帰属します。複写・転載・使用することを固く禁じます。